社外教育のメリット

社内に無い価値観、知識に触れることにより発展的なスキルを得る

社外教育はoff jt と呼ばれ、企業の行う日常業務で得られられない刺激やスキルを、業務外の集合教育で身に着けるものです。このため社員は、普段とは違う講師や指導者のもとで、新鮮な気持ちで、日常の業務の中では得られない新しい知識やスキル、考え方を学び、結果として企業の新規の技術開発や工程開発、さらには将来の部門や全社的なリーダーに必要な能力等、企業の成長にとり有益な発展的なスキルを得ることが可能となります。この過程で、日常業務にない新しい環境に置かれることで、社員が緊張感をより持つことも期待されます。なお研修担当者としても、教育内容の細部、資料、材料等を自社の部門でそろえるための時間と労力を省略することが可能となります。

標準的な規格、基準による基礎的な能力を得ることができる

企業における日常業務においては、同じ職種の担当分野の工員、あるいは庶務社員であっても、置かれている企業、部門、あるいは個人にとって普段求められるスキルは各々一様でなく、スキルレベルには濃淡がいろいろな分野で生じている場合があります。この様な状態は、社員の一時的休業や離職、会社理由や適性を重視した配置換え等により、操業レベルの極端な変化が起こる危険性があることを示します。 集合教育はこの様な状態を改善するために、一時的に日常業務に替えて行われる基礎的な能力養成としてのメリットがある場合があります。 特に最近では、ME機器の普及等に応じてこの様な工作機器を操縦する基礎的な能力を集合教育で普及させる試みが成果を上げています。