社内教育のメリット

社内研修は実用性の高いスキルを学べる場

会社では入社後や昇進する度に研修があると思いますが、皆さんの会社は外部委託、社内研修どちらの形態を取り入れていますか?今回は社内に勤める上司などが講師となって指導する社内研修のメリットについて見ていきます。
社内研修の大きなポイントは、社内で試行錯誤しながら経営活動してきた先輩の経験が聞けるところです。優秀な社員の仕事に対する取り組み、考え方など、現場で直面する問題に対してどのようにアプローチして解決していくのかを学ぶことができます。
社内研修は役職ごとに応じたカリキュラムにできるので、研修を受ける社員は他の社員が日々どのように仕事を進めているのかを知ることもできます。
同じ役職で仕事をしてきた先輩からの指導、そのポジションで働く社員の声を聞けるのは、ステップアップの場として有効です。

社内研修は費用、時間をカットできる!

社内研修は社内に勤める社員に、仕事で使えるスキルやマネジメントを伝授することができるので、実用性の高いスキルを学べる場になります。社員にとってメリットの大きいイベントは、会社にも良い影響を与えるのです。
社内研修は「費用」を少なくできるメリットがあります。外部の講師に頼まないので、指導料がかかりません。また、自社で研修会場を用意できる場合は会場を借りる必要性がないので、こちらも費用が発生しません。
費用を安くする以外では、研修に必要な講師、会場への連絡、手続きが不要になります。研修をマネジメントする担当者は社内で講師を見つける必要はありますが、外部と細かい指導や日程などの調整をしなくて済むので、費用だけでなく時間の節約にも繋がります!